ニーズが高まる

当サイト「ニーズが高まっている国内MBA」では国内MBAに関するお役立ち情報をお届けしています。
国内MBAについて調べているのでしたら当サイトは必見です。

 

アメリカにある経営教育の老舗であるハーバード・ビジネススクールに代表されるように、MBAとは、「Master of Business Administration」の略称であり、経営のプロフェッショナルを経営の諸課題を解決する上でのスキルを習得し、養成する高度な経営学教育を行うものです。

 

MBAを設置する大学が日本でも増加しており、志願者数もこれに伴って増加しつつあります。

 

慶應義塾大学大学院経営管理研究科が日本では最も古くよく知られていますが、文部科学省の「専門職大学院」構想でその後経営のプロフェッショナルの育成を積極化している背景もあり、バブル期のMBAブームに並ぶ勢いに現在ではなりつつあります。

 

企業の経営幹部として働く場合、国内MBAを取得するのが大変有効です。
出世やキャリアアップはもちろんのこと、転職をする際にもMBAホルダーは重宝されるようになりました。